HOME > 活動報告

活動報告

【2010年の記事】

【野球選手科新入生合同練習会でのメディカルバランスチェック】

2010年11月17日(水) 投稿者:管理者

平成22年11月16日(火)野球選手科の来年度入学者を対象とした新人合同練習会が開催され、当日の午前中整体療法士科とメディカルトレーナー科の学生達によるメディカルバランスチェックが行われ、選手達の神経バランス、関節可動域、筋肉の疲労状態などを確認しました。


整体療法士科の学生が中心となり選手個々の関節機能の状態を入念にチェックしていきます。



メディカルトレーナー科の学生は、選手の状態をしっかり記載し、今後のトレーニングメニュー作成に活かします。



外部の実習活動に参加できない学生も、実戦経験が踏めたのではないでしょうか。この経験を更に今後の授業に活かしてください。



関西メディカルスポーツ学院では、10月から甲子園校で授業が始まりました。
甲子園校には野球選手科があり、まき整骨院やベースボールジム、ベストアップなどの付属施設があるので、選手やクライアントと接する機会が多くなります。
故障した選手のリハビリトレーニングや怪我を予防するためのコンディショニングなど、実践授業の見学や現場実習も参加しやすくなりました。
普段の講義や生徒同士の実技練習などでは経験できない現場での実践を通してどんどん技術や知識を高めましょう。

【アメリカンフットボール社会人チームの練習にトレーナーとして参加!】

2010年11月15日(月) 投稿者:管理者

今回の実習活動はは、アメリカンフットボール社会人リーグ(Xリーグ)で現在2部リーグで戦う「SALTS」の皆さんの練習時間にトレーナーとして参加させて頂きました。

リーグ戦の最中の日程にも関わらず、選手、スタッフの皆さん共に快く引き受けて頂き、貴重な経験をさせて頂くことができました。


選手の下肢バランス、足関節機能を確認する川上さん(整体科)

腰部〜臀部・下肢後面のストレッチを実践する里吉君とその様子を見学する宮崎さん
寺岡さんと共に選手のカウンセリングを行う藤井さん(メディカルトレーナー科)

選手の状態から、実践プログラムのアドバイスを藤田講師から受ける佐藤君と中島君

股関節のローテーション機能を確認する里吉君(整体科)と機能状態を記録する宮崎さん(スポーツ科)

下肢の疲労度を確認する佐藤君(サイエンス科)とそのバランス状態を記録する中島くん(介護トレーナー科)


SALTSの皆さん、リーグ戦最中の貴重な時間本当にありがとうございました。今後もチームを私達なりにできる限りサポートしていきたいと思います。ぜひともリーグ戦頑張ってください。

参加された皆さん、お疲れ様でした。普段パートナーとなる学生同士の身体とは違う体型の選手達の状態を目の前で見れることは、貴重な経験だったと思います。今後もぜひこの経験を勉強の糧としてください!

【二週続けて雨中でのアルティメット大会でトレーナー活動!】

2010年11月01日(月) 投稿者:管理者

今期最初の外部実習活動が平成22年10月24日(日)から始まりました。

10月24日(日)には京都園部市においてアルティメット大会(KBSカップ)、そして翌10月31日(日)には京都市の桂川河川敷にてアルティメット大会(京都リーグ)が開催され、両大会共に参加選手に対しての救護、そして身体バランスチェック及びケア、トレーニングやストレッチ指導などを目的として大会に参加しました。



両大会共に天候に恵まれず、雨中での実習活動となりましたが、これももちろん今後トレーナー活動を行ううえでの貴重な経験となり、充実した実習内容となりました。


股関節の機能状態をチェックする三並さん(整体科卒)とチェックの実践を見学し記録のメモをとる宮崎さん(スポーツ科)

足関節の機能状態を触知確認する里吉君(整体科):上と
選手のコンディション状態をカウンセリングする藤橋君(整体科):下



救急用のアイシングの準備をする細井君(野球トレーナー科)と寺岡さん(整体科)

肩甲骨の位置を確認し、肩関節の機能状態及び、姿勢バランスをチェックする藤橋君と記録用紙に記載する橋本さん(スポーツ科)

膝関節の機能状態を確認する岡増さん(整体科卒)と体幹筋の機能状態を確認する佐藤君(整体科卒)

アルティメットの大会は2月にも開催される予定です。もちろん大会への参加要請も頂いておりトレーナーの立場から参加される選手達をバックアップしていきたいと思います。選手の皆さん今後も頑張ってください!



天候が悪い中、実習活動に参加された学生及び卒業生の皆さん、本当にお疲れ様でした。初めての参加だった新入生の皆さんは、授業とは違った環境での体験で、不安や期待の中での活動ではなかったでしょうか。また卒業生の皆さんは今までにない環境の中での活動となったと思いますが、この経験を活かし今後に繋げて頂きたいと思います。




【平成22年10月期生 現場実習スタート!】

2010年10月24日(日) 投稿者:管理者

平成22年10月24日(日)から今期の在学生及び卒業生を対象としたトレーナー実習活動がスタートしました。

今期もこれまで以上に、様々な実習現場で、皆さんに現場でのトレーナー活動に携わってもらいたいと考えています。

在校生の皆さんはもちろん、卒業生の皆さんもどんどん積極的に参加して頂きたいと思います。



【サッカートレーナー実習報告】

2010年08月02日(月) 投稿者:管理者

平成22年8月1日(日)滋賀県立守山高校サッカー部でのトレーナー実習が行われました。インターハイ予選では惜しくも決勝戦で敗れ、冬の高校選手権大会に向けチームの総合力アップを目指し、日々激しい練習に取り組んでいます。
今回は約50名の選手の皆さんに、身体バランスメディカルチェック、神経反応チェック、ストレッチやケア方法、トレーニングの指導、またコンディショニングやテーピング対応などを実践しました。


選手がそれぞれグループに分かれ、担当トレーナーの指導の下、セルフコンディショニングの実践を行いました。



バランスボールやバランスディスクを使った身体バランスチェック&エクササイズでは普段気づかないアンバランスを実感し、また出来るようで出来ない動きに四苦八苦する場面も見られました。

摩季学長からは普段のプレイアクションの中でウィークポイントを的確にアドバイスされ、またサッカー選手にとって重要な下肢関節には、機能アップを目的としたテーピングの指導があり、選手にとって驚きと感動の連続でした。


今回は滋賀県で勤務中の卒業生も実習に参加し、この経験を基に守山高校に対してはもちろん、今後の幅広いトレーナー活動に役立てていってくれそうです。

最後は、守山高校サッカー部の選手達と記念写真。
参加された学生の皆さんお疲れ様でした。選手の皆さん、冬の選手権に向けて、頑張ってください!!