HOME > 活動報告

活動報告

【2010年の記事】

【22年4月/10月 現場実習及び課外授業 日程】

2010年05月06日(木) 投稿者:管理者

現場実習 種目と日時、場所

アルティメット 
 5月16日(日) 京都アルティメットリーグ(京都・園部)
 8月8日 (日) 京都アルティメットリーグ(京都・久我橋)

ゴルフ
 5月24日(月) ゴルフコンペ参加選手に対してのケア(滋賀県・栗東)
          時間:13時〜16時 定員3名

少年野球
 6月6日(日) 

ソフトボール
 6月27日(日) 交野・星田桃源台ソフトボールクラブ

テニス
 7月4日(日)  明石人丸テニスクラブ

ラグビー
 7月25日(日) 寝屋川ラグビークラブ


フットサル
 日程調整中
アメリカンフットボール
 日程調整中
バレーボール
 日程調整中
バスケットボール
 日程調整中
ソフトテニス
 日程調整中


課外授業
野球
 5月25日(火) 対オリックスバッファローズ(神戸総合運動公園サブグラウンド)
 5月28日(金) 対阪神タイガース(阪神鳴尾浜球場)
 6月9日 (水)〜 第81回都市対抗野球大会 兵庫2次予選(明石球場)

調整中の実習項目に関しては、詳細が決定次第更新致しますので、御覧下さい。
現場実習及び課外授業は在校生はもちろん、卒業生も参加が可能です。参加希望の方は事前に関西メディカルスポーツ学院までお気軽にご連絡下さい。

【平成22年4月期生 入学式&進級式】

2010年04月07日(水) 投稿者:管理者

平成22年4月3日(土) 関西メディカルスポーツ学院大阪本校にて第19期、35期メディカルトレーナー科・スポーツトレーナー科・メディカル介護トレーナー科・野球トレーナー科・整体療法士科、及び第5期野球選手科の入学式、そして第16期、第33期整体療法士科、及びメディカルサイエンス科の進級式が行われました。



摩季学長から祝辞と、トレーナー科及び野球選手科の新入生、そして整体療法士科の皆さんに寄せる期待の言葉を頂き、今後学院で送る新しい生活のスタートに対して、改めて夢と期待を胸に抱いたのではないでしょうか。

理事長からは、現代社会におけるメディカルトレーナーの重要性と、社会人として必要とされる人材に成長していくための心構えをお話頂き、新入生の皆さんも真剣な眼差しで聞いていました。

整体療法士科に進級した皆さんには、今後の学習に対する熱い意気込みと、後輩となる新入生への励ましなどをそれぞれ話してもらいました。

今後、学院で習得する技術や知識、また学院で過ごす期間も半年間から3年間とそれぞれ違ってきますが、皆さん、この入学式で描いた夢と希望を実現できるように頑張ってください!!

【卒業式】

2010年03月29日(月) 投稿者:管理者

平成22年3月27日(土)関西メディカルスポーツ学院大阪本校にて、第33期生、第34期生、第18期生、第15期整体療法士科、第31期整体療法士科、そして第2期野球選手科卒業式がおこなわれました。
卒業生の皆さんに贈る言葉を述べる摩季学長

      メディカルトレーナー、スポーツトレーナー、介護トレーナー、野球トレーナー、ゴルフトレーナー、総合整体療法士としてこれからも頑張ってください!
2年間、仕事を終えてから授業に参加した31期整体療法士科

アクティブなメンバーが集まった33期生
個性豊かなメンバーが勢揃いの18期生

短期間で強烈な集中力をみせた34期生

高いレベルの技術、理論、人間性を身につけ羽ばたく15期整体療法士科
3年間野球を通じて社会人としての礎をしっかり築いた野球選手科の水野君と吉岡君

皆さん最高の笑顔でした!!

半年間、一年間、二年間、三年間と在籍した期間はそれぞれ違いますが、それぞれの養成課程を無事修了され、晴れて卒業の日を迎えた卒業生のみなさん、本当におめでとうございます!皆さんの今後の更なる活躍を期待しています。

【21年10月/22年3月 現場実習 参加学生の実習レポート その4】

2010年03月26日(金) 投稿者:管理者

現場実習での反省を授業でリカバー  整体療法士科 月原宏成
私は今期の現場実習には合計3回参加しました。選手に対して施術を実施する時、授業中に学習し身につけた知識と技術を使い施術を行うのですが、本当に自分の技術で結果が出せるのかという不安と緊張を感じながら取り組んでいました。しかし、学んだことを着実に実践することで結果に繋がり驚くばかりでした。またトレーニングやセルフストレッチの指導の際には、クライアントに対する言葉遣い、実施要領の説明などの難しさを痛感しました。
しかし、実習で得たものは大きく、メディカルバランスチェックの際の正しい分析、施術やトレーニング、ストレッチの組み立てなどは現場での経験が大きな財産となり、その後の授業においても、常に目的や意味を考えながら取り組むことが出来ました。

卒業してからも、この実習経験を活かし、さらに勉強に励み多くの人の人生を明るくする総合整体療法士として頑張っていきたいと思います。

【21年10月/22年3月 現場実習 参加学生の実習レポート その3】

2010年03月26日(金) 投稿者:管理者

トレーナーとしての自覚が芽生えた   スポーツトレーナー科 小畑直子
初めて参加したソフトボール実習では、緊張と不安でペアの指示を待つことしか出来ませんでした。その中でも丁寧に筋操作等、コンディションに関わり、クライアントに「楽になったよ」と言われた時は本当に嬉しくて少し自信がつきました。また最後に「ありがとう。これからも頑張ってね」と声をかけて頂き、初心を忘れずに取り組んでいこうと思いました。

ラグビー実習では初めて一人で対応することになり、正直戸惑いもありましたが立ち止まっている暇はなく、やるしかない!という気持ちになれたことが良かったです。また、理想的な状態をキープするために運動やストレッチの方法、重要性をしっかり伝えることもとても大切なことだと実感できました。
教室では当たり前に出来ているメディカルチェックも現場では言葉遣い等にも気を配りながら実践し、なにより私たちを「トレーナー」として見てくれているクライアントを不安にさせてはいけないという責任感を持つことが出来ました。

参加した3回の実習で、自分の力を出し切れた達成感、希望に沿えない無力感、様々な気持ちになりましたが、もっと腕を磨いて心身共にサポートできるトレーナーを目指し春からの実習にも参加したいと思います。