HOME > 活動報告

活動報告

【2011年の記事】

【がんばろう!日本 東日本大震災復興チャリティーコンディショニング活動〜2】

2011年05月16日(月) 投稿者:管理者

平成23年5月15日(日)アルティメット京都リーグ

京都市の桂川河川公園(久我橋東詰公)グラウンドにてアルティメット大会(京都リーグ)が開催され、関西メディカルスポーツ学院も大会参加選手に対しての救護、そして身体バランスチェック及びケア、トレーニングやストレッチ指導などを目的として大会に参加しました。



強い日差しでしたが晴天の中、素晴らしい環境の下トレーナー活動及び大会が開催されました。



前回バランスチェックを受けた選手も、今回は違った結果が表れるなどし、選手それぞれが自分自身の身体の状態に興味を持ち、日頃のコンディショニングを気にかけるようになっています。



今回初めて参加した選手は、自分の身体のバランス状態に驚いた様子で、バランスが崩れている原因をトレーナーに質問する場面も多く見られました。



バランス改善のコンディショニングでは、限られた時間の中で選手達に対応し、選手達も「動きやすくなった!」「体が軽い!」などのコメントと共に、再びコートに戻りゲームに参加していました。


今回ご協力頂いたアルティメット京都リーグ運営スタッフの皆様、本当にありがとうございました。



今回、京都リーグから頂きました救護及びコンディショニング費は全額日本赤十字社を通して東日本大震災復興支義援金として寄付させて頂きます。

【少年野球トレーナー実習活動】

2011年05月06日(金) 投稿者:管理者

平成23年4月24日(日)西宮市の津門公園野球場にて少年野球チームに対してのトレーナー実習を行いました。


中学3年生と2年生の選手達、約40名がグループに分かれ、順次それぞれトレーナーとマンツーマンでのメディカルチェックを行いました。

真剣な眼差しでアドバイスを聞く選手達の姿勢に、トレーナーの指導も熱がこもります!!

普段チームでの練習やトレーニングメニューの他に、個人として取り組まなければいけない内容等を指導しました。

要望にお応えし、子供達の応援に来られていた父兄の皆さんにもコンディショニングを実践しました。


今回実習活動にご協力頂きました、チーム関係者の皆様、御父兄の皆様、本当にありがとうございました。

【第1回チャリティーコンディショニング活動報告】

2011年04月19日(火) 投稿者:管理者

平成23年4月18日(月) 宝塚市立スポーツセンター内の体育館で兵庫県、大阪府を中心に店舗を構える美容院の社内運動会が開催されました。

関西メディカルスポーツ学院では、運動会中の怪我に対しての救急対応、そして参加された皆さんの日頃から悩んでおられる身体の故障に対しての相談窓口として、またケア対応や運動指導を目的として参加しました。


ラジオ体操でウォーミングアップ


白熱のパン食い競争


各店舗のプライドを懸けた対抗リレー!!


ブースを訪れてきてくれた美容師の皆さんは、業務内容や仕事中の立ち姿勢から腰痛や肩こりに日々、悩まされておられました。






メディカルバランスチェックでは、日頃気付いていなかった自分のバランスの悪さやウィークポイントを理解し、各担当トレーナーから日頃から取り組めるストレッチやエクササイズに真剣に耳を傾けておられました。
また、バランス改善コンディショニングを受けられた後も、「身体が軽くなった」「立ちやすくなった」などの感想が多く聞かれました。





これまで、数多くの実習活動を通して様々なスポーツ現場に関わってきましたが、今回はスポーツではない一般業務に携わる方々の身体バランスに触れることが出来ました。

そこで改めて日常生活におけるワークスタイルが身体に及ぼすストレスを実感することが出来ました。




今後もスポーツの枠を越え様々な現場に出向き、より多くの人々の元気づくりのサポートを行なって行きたいと考えております。

今後も引き続き、コンディションの依頼等の情報をお待ちしております。

最後に、今回チャリティーコンディショニングにご協力頂きました「(株)クラフト・ワークス」の皆様、本当にありがとうございました。

そして皆様から頂きましたコンディショニング費(¥50,000)は日本赤十字社を通して義援金として寄付させて頂きます。

【がんばろう 日本!! 東日本大震災復興チャリティーコンディショニング】

2011年04月13日(水) 投稿者:管理者

今、私達にできること・・・
この度、東日本を襲った未曾有の大災害。自然の力に対して人間の無力を思い知らされたように思います。
しかし、人々はこの困難に立ち向かい、立ち上がろうと団結し始めています。
日本中、いや世界中の人々が様々な形で一つになろうとしています。

私たちに今できること。
先日、新聞で避難所生活を送っておられる方々の肉体的な疲労と精神的なストレスが身体に悪影響を及ぼし始めており、その解決方法としてストレッチや簡単な運動でリフレッシュすることが効果的であるとの記事が掲載されていました。

まさに私達が日々学んできた「健康」の概念が今実践的に求められています。
しかし、私達が避難所に出向いて皆さんに運動やストレッチのアドバイス、コンディショニングを行なうには様々な条件をクリアすることが必要となります。

そこで私達は義援金活動の一環としてチャリティーコンディショニングを開催していきたいと考えています。
様々な施設等に出向き健康づくりに関わる指導・アドバイスやコンディショニングを施し、そこで得られた収益を義援金とさせて頂きたいと思います。

卒業生の皆さんも私達と共に活動し、皆さんの地域にお住まいの方々に対して「元気な体づくり」を一緒に取り組みませんか?

そこで、皆様からも情報を募りたいと思います。

・地域のスポーツ・企業・学校などでチャリティーコンディショニング を受け入れて頂ける団体
・上記の活動に必要な施設(体育館や公民館、会議室など)を提供、も しくは安価での貸し出し紹介


情報の提供及びチャリティーコンディショニングに関してのお問い合わせは

関西メディカルスポーツ学院 (0798-31-5637)  藤田まで

皆さんからの情報心よりお待ちしております。

私達、個人の力は小さな力かもしれません。でもその力を日本は一つにしようとしています。きっとこの先、日本は大きな力を手にするはずです。その力の源となる方々の「元気」をつくる。今こそ皆さんの「力」が必要とされているのではないでしょうか・・・


【平成23年 トレーナー現場実習活動報告 2】

2011年04月02日(土) 投稿者:管理者

3月6日(日) 西宮市の甲子園テニスクラブにてトレーナー実習を行いました。小雨が時折降る天候でしたが、クラブハウス内に実習スペースを用意して頂き、約3時間テニスクラブの会員様に対して、メディカルバランスチェック、セルフトレーニング・ストレッチの指導、コンディショニングなどを実践しました。






当日は、予約が殺到しており実習開始時間から終了時間まで常時満員の状態となり、実習生も限られた時間の中で精一杯力を発揮しました。






テニス暦や経験値も様々で、主婦層の会員様も非常に多く、身体のケア方法など日頃からの取り組み方についての質問が多く聞かれ、それぞれ担当の実習生がわかり易く説明する場面が多く見られました。









「次回はいつ来てくれるの?」という声を多く頂き、参加した実習生にとっても、大きな自信に繋がりました。



甲子園テニスクラブのスタッフの皆様、また実習に来て頂きました会員様、貴重な時間とスペースを実習の為に確保して頂き、心より感謝いたします。本当にありがとうございました。