HOME >卒業生の声>ゴルフトレーナー

メディカルトレーナー科

ゴルフトレーナー

ゴルフトレーニングジム開業
児島 信介さん(32歳)
夢はプロゴルファーを誕生させること。

学校説明会で学長と出会い、そのとき直感で、「ここで学びたい」と決心。

ゴルフに関わる仕事をしたいな、と思っていたとき、雑誌で
関メディがゴルフトレーナーを育成していることを知りました。
メディカルトレーナー・スポーツトレーナー・ゴルフトレーナーと幅広く勉強できるのが魅力だったし、なにより見学説明会で学長と直接お話する機会があり、そのとき直感で「ここで学びたい」と思いました。

現在はゴルフトレーナーとして、プロテストを受ける選手や競技志向のアマチュア選手、愛好家などを中心としてさまざまなクライアントさんのサポートを行っています。関メディで学んで一番役立っていることは、メディカルチェックからの考察や、そこからのさまざまな手技による改善法が身についたこと。

なかでもティーチングの習得は重要ポイントだと思います。
またスポーツトレーナー科で行ったフリーウェイトの授業や、スポーツ現場での実習が役立っています。将来は、自身のスタジオからプロゴルファーを早く誕生させたい。たくさんのクライアントさんと出会い、皆さんに気に入っていただけるトレーナーになりたいです。

整体療法士科で学んだコンディショニング法や骨盤調整法などを用い、ゴルフのスイングがしやすい身体作りを指導しています。
  • ゴルフトレーナー: 伊藤 輝さん(20歳)
  • 前職:高校生

トレーナーを目指したきっかけは 高校の時にラグビーをしていて、よくケガをして病院のお世話になっていました。その時に、僕のリハビリを担当してくれたトレーナーの方に憧れてトレーナーを目指そうと思いました。
学院に入学を決めた理由は、 リハビリを担当してくれたトレーナーの方が、関西メディカルスポーツ学院の卒業生と知り、同じ場所で勉強したいと思い決めました。
関西メディカルスポーツ学院で学んで、一番仕事に役立っている事は、整体療法士科でコンディショニング法や骨盤調整法などを用い、ゴルフのスイングがしやすい身体作りを指導できることです。 「全然違う身体になった!」と喜んでもらっています。
関西メディカルスポーツ学院で在学中の一番印象的な出来事は、僕は勉強がすごく苦手で、特にMETs計算の授業の時に、全く授業についていけずに藤田先生にマンツーマンで居残り勉強をしてもらったことです。
現在の職業は、 ゴルフ練習場内にあるトレーニング&コンディショニンググルームでのリラクゼーションアプローチ施術やトレーニング指導などをしています。
近い将来は、まだまだ年齢も若いので先のことはわからないですが、今は自分を磨く時期として頑張っています。

スポーツレーナー科の詳細を見る

僕もゴルフプレーヤーだから痛みの辛さも解る。
リピーターが増えてくることが今、大きな支えになっています。
  • ゴルフトレーナー:稲井 英夫さん(57歳)
  • 前職:サラリーマン

サラリーマン時代から少年野球の監督をしていましたが、故障する球児を目の当たりにしては、どうにかして故障を減らし、子供達がレベルアップできる方法はないかと考えていました。過去に自ら野球で故障をした経験もあり、以前からストレッチや準備体操の重要性は認識していたのですが、さらなる知識や技術の向上を目指して五十四歳で会社を早期退職し、関メディに入学しました。
学院を卒業した後は自宅の一室をコンディショニングルームとして開設し、昔の仕事仲間や、その知り合いの方、近隣の方を手始めとして、宣伝はしていませんが、日々口コミで利用者が増加してきています。うれしいですね。
現在もプロトレーナー科に在籍しながら、技術の向上・知識の吸収に励んでいますが、実践の中では、もちろん自分しかいないので、誰も頼りにできません。
ですから常に勉強の日々です。その中でクライアントについて考え、提供したプログラムで結果を出し、繰り返し来てくれる方が増えてくることが、支えになっています。
今ゴルフをされているクライアントが多く、ゴルフトレーナー科で学んだことが、よく活かせています。
ゴルフによって、どういった負担が身体にかかっているのかを説明し、ゴルフのスキルアップに繋がる運動指導にも力を入れています。

ゴルフトレーナー科の詳細を見る

夢だった、女子ツアープレーヤーの帯同キャディ兼パーソナルトレーナーになれて、最高です。
  • ゴルフトレーナー:東谷 さえ子さん(31歳)
  • 前職:ゴルフ研修生

ゴルフ研修生であった4年間、練習を繰り返しプロテストに挑戦しましたが、腰の故障を機に、選手をサポートする側になろうと決意しました。雑誌やテレビなどで摩季学長のことを知り、是非この先生の下で勉強したいと思い入学しました。そこでゴルフ力学と生体力学から分析されたボディターンによるスイングという学長独自の理論や、ゴルフバランストレーニングなどを学習しました。卒業後は、ゴルフ練習場のコンディショニングルームに勤務し、ゴルファーの体のケアやトレーニング指導をしました。現在は夢であった、女子ツアープレーヤーの帯同キャディ兼パーソナルトレーナーをしています。

ゴルフトレーナー科の詳細を見る