HOME > 関西メディカルとは? > 関メディの目指すもの

関西メディカルとは?

関メディの目指すもの

メディカルトレーナーや介護トレーナーの育成を通じて

地域社会で活躍するメディカルトレーナーの育成

地域社会で活躍するメディカルトレーナーの育成!
日本は、2014年には総人口の4人に1人が65歳以上になる超高齢社会を迎え、要支援者や要介護者が急増しています。中高年になると高血圧性疾患や整形疾患が増え、老化も進んでいきます。
医療機関に限らず、介護福祉や健康増進の分野など、幅広い地域社会の中で、メディカルトレーナーがますます必要とされています。当学院は、質の高いメディカルトレーナーや介護トレーナーの育成を通じて、医療と体育の壁を越え、高齢化、整形疾患などの問題に関わることによって、人々の健康増進、予防活動に取り組み、地域社会の活性化に寄与することを目指しています。

コース一覧はこちら


スポーツトレーナーの育成を通じて

スポーツの復興と障害の予防

スポーツの復興と障害の予防
スポーツの振興によってスポーツ人口が増えています。それにともない、オーバーユーズ(使い過ぎ)、ミスユーズ(使い方の間違い)などで、スポーツ障害が 発生しやすくなっています。そこで、障害のメカニズムを理解したトレーナーが関わることで、より長いスポーツ人生を送ることが可能となります。当学院は、 障害からのスポーツ復帰と再発予防、強化の知識と技術を習得したスポーツトレーナー(パーソナルトレーナーやチームトレーナー)の育成を通じて、スポーツの振興と、ス ポーツ障害の予防に携わることを目指しています。

コース一覧はこちら


運動方法を組み立てる

体育と医療の融合

体育と医療の融合
主に骨・関節・筋肉・神経などの運動器系の障害を持つクライアントに対して、元の機能と体力を取り戻すことに必要な運動プログラムを組み立てる。それが、当学院の育成するメディカルトレーナー・介護トレーナー・スポーツトレーナーです。
医療や介護 スポーツの現場で

コース一覧はこちら